安い引っ越し業者はどこ?

引っ越しをする時、ほとんどの方は引っ越し業者にお願いすることを考えるでしょう。
しかし、引っ越し業者といってもピンからキリまで、テレビCMなどを大々的に行っている大手チェーン店から中規模の地方密着型、小規模の地域密着型や個人事業主の運送屋さんを使った派遣型までいろいろあります。
この中で一番安心感があるはやはり日本全国に支店を持つチェーン展開している大手引っ越し業者、サカイ引越センターやアート引越センター、クロネコヤマト引越センター、日本通運、アリさんマークの引っ越し社あたりがこれにあたります。

 

地方限定で広く展開しているのがアーク引越センター、ハート引越センター、ダック引越センター、ハトのマークの引越センター、カルガモ引越センターなどといったもの、地域密着型はそれよりも規模が小さく、それこその地域に住んでいない人でないとあまり知られないといったもので結構たくさんの企業があります。
ちょっと変わっているのが個別の運送屋さんを集めて引っ越しを行うといった引っ越し業者、これは赤帽いいとも急便がそれなのですが、要するに個人事業主として開業している運送屋さんを赤帽が管理し、赤帽からの要請で引っ越しにあたるというもので単身引っ越しをメインとして行っているところです。
この場合、大手引っ越し業者とは違い、基本的には荷づくりや荷物の積み下ろしはドライバーと一緒に行う必要があり、労力が必要となりますが、その分費用が安く済むため単身引っ越しの場合はかなり安く上げることができます。
ただ、やはり引っ越しのプロということではありませんし、どうしても年配の方が多いということからただ単に荷物を運ぶだけのものと考えた方がいいでしょう。

 

これだけある引っ越し業者の中でどれが一番安くなるかということになりますが、基本的に質と料金は反比例しており、安い分自分で梱包を行わなければならないとか、積み荷も手伝わなければならないとか何かと手間がかかってしまうので安易に安いところを選ぶのはどうかと思います。
ただ単純に安く済ませたいのであれば、地域密着型の小さな規模の引っ越し業者や単身引っ越しであれば赤帽やヤマト運輸のらくらく家財宅急便を使うというといった形が良いかと思われます。
それなりの安心感を得たいのであれば、間違いなく、大手の引っ越し業者から選ぶことになり、その中で平均して料金が安いサカイ引越センターあたりがいいかもしれません。

単身引っ越しで安い業者は?

荷物の少ない単身での引っ越しは通常の家族単位での引っ越しよりもコストパフォーマンスが悪く、若干高くつくことが多いと思います。
これは引っ越し自体が最低限の人員と最低限の設備が必要だからで、それは一人だろうが大人数だろうが同じくらいのものとなり、そういった観点からするとどうしても荷物の少ない単身での引っ越しは高く思えてしまうのです。
しかしどの引っ越し業者もこういった声に対応するかのように費用を抑えた単身パックなどといったものを用意し、消費者がそれを使うことによって安い金額で引っ越しをすることができるようになりました。
単身向けの引っ越しパックには大きく分けて2つのものが存在します。

 

1つは大人数と同じ形でただ単に荷物の量が少ないといったもの、これはアート引越センターやサカイ引越センターの一部、アリさんマークの引越社などの大手や中規模程度の企業規模を持つ引っ越し業者がよく使っている方法で、梱包は引っ越し業者によって自分でやったり、引っ越し業者側がやったりということになりますが積み荷からトラックでの運搬、そのトラックも小型のチャーター便を使い、現地で荷降ろしまで行うといったパターンが多くなっています。
一方もう一つのものは基本的には梱包や開梱などは自分たちで行い、荷物を積んだり降ろしたりということは引っ越し業者で行うというものですが、トラックがチャーター便ではなく、いわゆる混載の状態となり、他の荷物や他人の単身引っ越しの荷物と一緒に運ばれるというものです。
これは既に違ったサービスでネットワークを持っている宅配業者関連の引っ越し業者に多く、ヤマト運輸にクロネコヤマト引越センターや日本通運、そしてサカイ引越センターの一部のコースで使われています。
この2つのもので大きく違うのはトラックの使い方、日時に融通の利くチャーター便か引っ越し業者からある程度の指定のある混載便の違いです。

 

やはりトラックを一人分として占有してしまうとそれだけ経費が掛かってしまいますのでチャーター便のものより混載便の方が安く済むことになります
なので、単身引っ越しは混載便をうまく使えば安く済むということになります
特に安いのがクロネコヤマト引越センターの単身引っ越しサービス、ワゴンの乗り切れる分の荷物であれば、業界最安値の近距離で13000円からというかなり破格なお値段で引っ越しすることができます。
もしそれで荷物が運びきれない場合は同時にらくらく家財宅急便を使うとか、通常の宅急便を使えばワゴン2台分の費用を払わないで済みます。
この辺が宅配サービスを持つヤマト運輸の強みだと思います。

長距離引っ越しで安い業者は?

長距離の引っ越しを安く上げるためにはやはり大手の引っ越し業者を選ぶ必要があるでしょう。
なぜなら大手であれば日本全国に支点や支所を持っているからです。
地域密着型の引っ越し業者や引っ越し先を限定しているような規模の小さな引っ越し業者では支店などの設備を確保することができないため、どうしても大手の引っ越し業者だけとなってしまうのです。
ではどうして支店や支所がたくさんある引っ越し業者がいいのか。
東京から北海道まで家族で引っ越しをした例を見てみましょう。

 

まずは東京では荷物の規模に合わせた作業員を東京支店で用意し、その人員によって荷物の梱包を行い、それをチャーター便のトラックに載せます。
これはどの引っ越し業者でも同じでしょう、しかしここからが引っ越し先、この例では北海道に支店を構えるところと構えないところで大きな違いが出てきます。
北海道に支店がある引っ越し業者ではトラックドライバーを兼ねた作業員以外は、荷物を積んだ後すぐに東京支店に戻り、他の引っ越し業務にあたります。
しかし、引っ越し先に支店がない引っ越し業者は東京で荷物を積んだ作業員もトラックに乗り込み、荷物と同時に北海道までついていきます。

 

そして現地に到着したら北海道支店のある引っ越し業者では北海道支店に在籍する作業員が待ち構えており、その方たちが荷物を降ろし、開梱作業などを行いますが、支店がないところでは東京から連れて行った作業員が荷降ろし、開梱作業を行います。
ここで大きく違いが出るのが支店がある業者はわざわざ東京から作業員を連れて行かなくても北海道支店で人員を確保できる分、作業員を長時間確保しておく必要がなく、逆に支店のないところでは、長時間作業員を拘束しておかなければなりませんし、距離によっては一泊しなければならずその宿泊費用なども費用として掛かってしまうのです。
費用が掛かればその分、引っ越し費用に上乗せされ、依頼主が支払う金額が増えてしまうということになるのです。
この例では東京-北海道という極端な例を示しましたが、長距離移動を伴う引っ越しは同じようなものですので、ここで支店をたくさん持つ大手と支店がない中小規模の引っ越し業者の違いとなります。
結果的に長距離引っ越しはまずは大手から選ぶということから始めるといいでしょう。
そこからさらに選択するにはあとは見積もりを取っていくしかありませんが、最近では一括見積債といったものもあるのでそちらを利用すると効率よく見積もりを集めることができると思います。

近距離で安い引っ越し業者は?

住み慣れた町から離れたくないとかリフォームや建て替えのために一時的に引っ越しをするといった場合、同じ都道府県内、あるいは同じ町の中で引っ越しをする方もいることでしょう。
移動距離が短い近距離引っ越しも引っ越し業者はもちろん対応してくれるのですが、やはり距離が短い分、割高感を持つことが多くなります。
「近くだからもっと安いはずだ」といったように距離が短いことがすなわちすべての費用が安くなると思っている方が多いのではないでしょうか。

 

引っ越し業者の引っ越し料金は確かに荷物の量と移動距離で決まるものですが、いくら距離が短くても最低限かかる費用というものがあるのです。
例えばトラックですが、50q先に移動する引っ越しも5キロ先に移動する引っ越しもほぼ丸一日や半日ぐらいその引っ越しだけに占有されるわけですし、作業員においても同じです。
ですので、距離が短いことによって正比例して安くなるというわけではないのです。

 

特に大手の場合は単身引っ越しから近距離引っ越し、長距離引っ越しや中には海外への引っ越しも行っているところがあり、非常に幅の広いサービスを展開しています。
その中で多いのはやはり中距離程度の引っ越しでそれに合わせた設備投資をしており、その設備投資の中で近距離引っ越しというのは少々無駄が出てしまうのです。
それが近距離引っ越しに割高感を持ってしまう最大の原因です。
ならば中距離程度ではなく近距離に絞ってサービスを展開している引っ越し業者を使えばいいということになります。

 

しかしどの引っ越し業者も「近距離が得意です」などとうたってはいませんので探すのも一苦労ですが、ただ俗にいう地域密着型とか地方限定型といわれる小規模な引っ越し業者がこれに近いものですので、そういったところで引っ越しをすればいいのです。
例えば、カルガモ引っ越しセンターやハトのマークの引越センター、ダック引越センターなど、中規模な引越センターやそれこそその地域に住んでいなければ知られていないような地元に根付いたような引越センターがそういった引っ越し業者になります。
こういった業者は本拠地に隣接する都道府県だけに限って引っ越しを行うような手筈となっているので、同都道府県内は得意中の得意です。
大手の引っ越し業者と比べると何かとサービス面で劣る部分はありますが、ほとんど自分で作業して、運ぶだけを引っ越し業者にお願いするといったやり方であれば、十分で安く上げることができると思います。

家族で引っ越しするならどこが安い?

家族と引っ越しするとなると必ず付きまとうのが荷物の多さです。
家族ともなると「個人の荷物×人数」といった単純計算で荷物の数を計算することはできず、共有部分におかれている家具や小物、今までずっと持ち続けてきたものなど、とにかく荷物が増えてしまうことになります。
そういった荷物が多い引っ越しをするのであれば一番安心なのが大手の引っ越し業者です。
大手では大量の荷物にも対応できるような設備を持っており、作業員の教育もそれなりのものがされています。
一部隠れアルバイトが含まれているので完ぺきとは言えませんが、荷物の破損や紛失などほとんどない状態で引っ越しをすることができます。
しかし、大手となると若干費用が高め、業界内でも安いといわれているサカイ引越センターでもなかなかの見積額を出してきます。
幸いなことに即決を条件で交渉すると大きな値引きを引き出すことができるので、それをうまく活用して安くすることは可能です。

 

ただ、基本となる金額がどうしても高くなってしまうために大幅値引きをしてもらったとしても金額自体はそれなりの金額になってしまうことが多いようです。
逆に安くなるだろうと町の引っ越し屋さんレベルの引っ越し業者にお願いすると確かに引っ越し料金は大手よりも安くなりますが、サービス面で少々不安があり、引っ越し先も限定されるのでなかなか使いにくいという面があります。
そこでおすすめしたいのが中規模程度の引っ越し業者です。

 

主要都市を結ぶ程度のネットワーク規模を持っており、引っ越し可能範囲もそこそこ広め、料金も小規模引っ越し業者ほど安くはありませんが、大手ほどの高くはない。
引っ越し作業のレベルや設備投資などもそれなりに行われているので、引っ越し自体もほとんど問題ない。
こういったところが安くて安心して引っ越しができる引っ越し業者ではないかと思われます。
これが例えば単身での引っ越しであれば荷物も少なく、荷物の破損や紛失、家屋の損傷などの確率も少なく、もしあったとしても保障のレベルで済み、引っ越し料金が比較的安い小さい引っ越し業者を選んでもいいかもしれません
しかし、家族単位での引っ越しで大量の荷物が動くとなるとそれなりにリスクは高くなるわけですから、あまり小さなところにお願いすると料金は安くても後からいろいろとトラブルにつながる可能性が高くなると思われます。
大手引っ越し業者のサービス面と小規模引っ越し業者の安さ、この2つのメリットをちょうどよく持っているのが中規模引っ越し業者ではないかと思います。